がん闘病記20 2020/12/23(水)

手術後2日目

今日は午前中から鬼教官(看護師さん)にトイレに連れていかれました(笑)

個室なので部屋の中に備え付けのトイレがあるのですが、ベッドからの2mが遠い。

寝返りだって痛くてまだあまりできないのに・・・

ベッドから足を降ろすまで15分苦しみ抜き、床に足がついてゴールかと思いきや、
肩に掴まって立つ→トイレまで歩く→ベッドまでまた帰る。

結局ベッドに横になるまでに1時間近く経っていました。
痛すぎるのに我慢すればできるんだ・・・。

「トイレ行けそうだから管抜いちゃおうね。」

手術用につけていた管をシュルンととってしまわれました。

私は一人でトイレまで辿り着けるんでしょうか?!?!と笑ってしまった。

教官(看護師さん)が言うには、動かした方が治るの早いから、どんどん動かして!廊下お散歩とかもいいよ!

本当に痛くなくなる日が来るのかな。いつ頃までかかるのかな。

歩行補助器を貸していただきました。これでトイレまでがんばろうと。

その後、トイレに何度か死ぬ思いで行きました(笑)

本日の痛さ度は 85 点位でしょうか。

前の記事

がん闘病記19 2020/12/22(火)

次の記事

がん闘病記21 2020/12/24(木)